研究論文、資料

2019年度一覧

Komeda H, Kosaka H, Fujioka T, Jung M, Okazawa H (2019).
Do Individuals With Autism Spectrum Disorders Help Other People With Autism Spectrum Disorders? An Investigation of Empathy and Helping Motivation in Adults With Autism Spectrum Disorder.
Frontiers in psychiatry. 10, 376.
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyt.2019.00376/full
物語に登場する人物に対する共感や、援助動機という現象は、プロジェクションによって説明される現象である。
実際に存在しない他者の心情を想像し、そこに援助といった意味を見出すメカニズムによって支えられているからである。
本研究では、自閉スペクトラム症の成人は、他者に対して認知的な共感を示すのかどうか、物語文章を用いて検討した。
その結果、自閉スペクトラム症の成人は、他の自閉スペクトラム症者に対して心情理解はできるが、援助動機は高くならないことが示された。

米田英嗣・間野陽子・板倉昭二 (2019).
こころの多様な現象としての共感性.
心理学評論, 62 巻 1 号 p. 39-50.
私たちは、自分ではない他者に対して、その人物に心があると考え、自己の心を他者に投射する。この投射、すなわちプロジェクションには、個人差があることがわかってきている。
本論文では、共感性を、こころの多様な現象としてとらえなおし、共感性についていわば対極にある症例として、自閉スペクトラム症とサイコパスを手がかりに検討を行う。さらに、それぞれに並存する可能性のあるアレキシサイミア傾向を考慮することで、従来は発達障害あるいは精神病理として考えられてきた症状を、こころの多様な現象としてとらえなおすことを本論文の主要な目的とする。

嶋田総太郎(2019)
「脳のなかの自己と他者-身体性・社会性の認知脳科学と哲学」、
共立出版.


Tsukasa Inomata, Takuro Zama, Sotaro Shimada (2019)
Functional connectivity between motor and mid-frontal areas during vicarious reward revealed via EEG time-frequency analysis.
Frontiers in Human Neuroscience. 13, 428.

Takuro Zama, Yoshiyuki Takahashi, Sotaro Shimada (2019)
Simultaneous EEG-NIRS measurement of the inferior parietal lobule during a reaching task with delayed visual feedback.
Frontiers in Human Neuroscience. 13, 301.

Mohamad Arif Fahmi Bin Ismail, Sotaro Shimada (2019)
Activity of the inferior parietal cortex is modulated by visual feedback delay in the robot hand illusion.
Scientific Reports, 9, 10030.

大住倫弘、信迫悟志、嶋田総太郎、森岡周(2019)
プロジェクション科学を痛みのリハビリへ応用する.
認知科学、26(1), 30-39.

小川有希子、嶋田総太郎(2019)
映画とプロジェクション.
認知科学、26(1), 121-139.

Masahiro Shiraishi, Sotaro Shimada (2019)
The interbrain EEG synchronization during a joint action reflects the sense of joint agency.
49th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2019), Online Proceedings, 288.02, Chicago.

Yuta Inagaki, Sotaro Shimada (2019)
Intersubject correlation analysis of EEG rhythm during listening to music.
49th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2019), Online Proceedings, 058.30, Chicago.

Yuya Ioka, Sotaro Shimada (2019)
The effect of distorted temporal-spatial visual feedback on robot hand illusion.
49th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2019), Online Proceedings, 695.19, Chicago.

Fuyu Ueno, Sotaro Shimada (2019)
Inter-subject correlation analysis of EEG data during listening to popular music.
25th Annual Meeting of the Organization on Human Brain Mapping (OHBM2019), Rome.

Kazuki Otsuka, Sotaro Shimada (2019)
The effect of perspectives and delayed visual feedback on full body illusion.
25th Annual Meeting of the Organization on Human Brain Mapping (OHBM2019), Rome.

Yutaro Ogawa, Sotaro Shimada (2019)
Inter-brain synchronization during a cooperative task under shared mixed reality environment.
25th Annual Meeting of the Organization on Human Brain Mapping (OHBM2019), Rome.

Agata Marta Soccini, Marco Grangetto, Tetsunari Inamura, Sotaro Shimada (2019)
Virtual Hand Illusion: The alien finger motion experiment.
2019 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (VR), 1165-6, Osaka.

嶋田総太郎(2019)社会性認知の脳メカニズム. 第28回全脳アーキテクチャ勉強会. SmartHR Space, 六本木. 2019年12月6日
嶋田総太郎(2019)脳のなかの自己と他者. リバティアカデミー20周年記念オープン講座. 明治大学. 2019年11月9日
嶋田総太郎(2019)fNIRSを用いた身体性・社会性の認知脳科学研究. 日立製作所シンポジウム「心理学における脳科学-基礎と臨床をつなぐfNIRS研究」. 日本心理学会第83回大会. 立命館大学. 2019年9月12日
嶋田総太郎(2019)Real World認知脳科学へ向けて. 第22回日本光脳機能イメージング学会学術集会. 星稜会館. 東京. 2019年7月20日.

嶋田総太郎(2019)物語的自己とプロジェクション、日本認知科学会第36回大会、OS「プロジェクションの理論とモデルへ向けて」、静岡大学.
白石壮大、嶋田総太郎(2019)共同作業における運動主体感と脳波同期の関係、 日本認知科学会第36回大会、浜松.
小川雄太郎、嶋田総太郎(2019)複合現実環境下で協調作業をしている2者間の脳波同期解析、日本認知科学会第36回大会、浜松.
井岡裕也、嶋田総太郎(2019)ロボットハンド錯覚における視覚フィードバックの時空間的整合性の影響、日本認知科学会第36回大会、浜松.
大塚一輝、嶋田総太郎(2019)フルボディ錯覚における遅延視覚フィードバックの影響、OS『「プロジェクション科学」の発展と応用」』、第33回人工知能学会全国大会、新潟.